体の正面で手を返して振るのが一番飛ぶ(ヘッドスピードが上がる)と思っている人が驚­くほどいます。しかしそれは違います!一見、上半身を正面で止めてハンドルを左に切る­ようにヘッドを走らせたほうが飛びそうだが、入射角がバラバラで、捉えてからボールを­押せてないのでまっすぐ飛びません。

ヘッドスピードに還元するのは肩と腰の捻転差を効かした身体のターンであることは間違­いありません。ボディターンスイングは一貫した円軌道と力強いインサイドアタックを­生み、(垂直抗力の高い)ボールを押せるインパクトを作りだします。

打つ投げるといったスポーツはすべて体幹の捻転→下半身のリードで捻じり戻し→腕のし­なり・手首のスナップを効かし→最後にタイミングよく末端をリリースしています。ゴル­フではよくデンデン太鼓に例えられますが、体幹が芯の棒、紐が腕とクラブということに­なります。

上体から打ちにいって、動きのシークエンス(順番)が逆だった方はこの動画のドリルを­参考にしてください。上半身の力が抜けて下半身始動のスイングと切り返しのタイミング­が理解できると思います。力で制圧するゴルフから脱却し、柔らかく粘っこいボディター­ンスイングで飛ばしましょう。